Photo

南堺(和歌山県と奈良県に囲まれた泉州南部地域)は、降雪体験が乏しいのだ

居住地である堺市は、北に大阪市、南に和歌山県、東に奈良県と接する、そんな位置関係にあり、「泉州地域」の北東部を構成している。
そのような位置関係にあるのだが、「降雪」体験には、不思議と恵まれないのだ。

勿論、天を寒波が覆った冬の日には、小指の爪の半分程のサイズの「雪らしきもの」が、チラチラと舞う…そんな光景に遭遇する事はあるのだけども。
しかし、「一夜明けたら、屋根にドッカリと雪の布団がのしかかってる」「小学校高学年生サイズの雪ダルマが、何体も並ぶ」ような光景には、この地に移り住んで約35年の間、経験した事が無いのだ。
故に、【雪に脆弱な東京】という新聞報道には、《大阪市と異なり、東京は、数年おきに、豪雪を経験してるじゃないか》と反論したくもなるのだ。

ということで、2013/01/27(日)の晩、久しぶりの雪が南堺を覆った。
いやぁ、降雪ってテンション、上がるね。
wearing_snow

広告