Uncategorized

左下顎の親不知を抜歯ッ!

思い起こせば、今の歯科医に通うようになったのも、親不知が炎症を起こし(※1)て駆け込んだのが、始まりだった。
※1 結局、その親不知は抜歯ということに。しかも、斜めに生えてたものだから、半分に割る必要があった…

そして。この半年程、左頬が繰り返し炎症を起こすので、思い切って、昨日、左下顎の親不知を抜歯することにした。が。今回は、拍子抜けする程、あっさりと抜けてしまったよ(※2, ※3)。
※2 前回は、大工事の為、施術台は汗が凄かったし、両肩は、ごっそりと激しく脱力したしで、結構な長時間だったのだけど、今回は、全工程が1時間内だったという…
※3 それでも、足が、通常はバイポッド状なのが、トライポッド状だったのは、流石、親不知だったというべきか…

で。一夜明けた今日、抜歯後の経過診察で、再び、歯科医に訪れたのだが。

検査の為に患部に塗布した試薬?が苦い事、苦い事。
不用意に舌先で患部に触れると、1時間経つ迄、苦さが続いたのには、参った。

広告